リミックス愛太極とマットの秋 [Digimon story] part2


name in the story    マット= Matt       太極=Taiji

太極、まだ多くの前日Mattさんの行動によって妨げ翌朝目が覚めた。彼は親切にしようとしていた。どうやらマットは優しさを軽蔑もその一人だった。驚いたことにして、Mattは、学校の外担任を待っていた。

“ねえタイ、”と彼は言った。 “昨日はごめんね見てください。私はジャークのような行動を知っています。”

“あなたがいないあなたの気の権利は、”太極ぶっきらぼうに言った。

彼は、周りを見て、マットはもうそこに立ってはないということに気付きました。彼はすでに教室に行っていた。太極、入力とマットの横にあるデスクに始めたが、氏は藤山は、彼を止めた。

“太極、”彼は親切だ。 “ほら、私とマットは今朝話をした。あなたは彼のために、今日隣に座っていないならば、彼は感謝します。”

太極ため息をついて、離れて、Mattから自分の席を取った。今、彼は混乱していた。最初のマットは、謝罪と今、この?何が、とにかく彼とは?冗談のこのMattさんのアイデアでしたか?タイMattさんの方向ににらみを撃った。マットは、それに気づき、すぐに目をそらした。太極、彼がその上からマットを避けることを決定した。彼はとにかくそれを価値がなかった。すぐに昼食は再びだったが、太極、マットに隣に座っていませんでした。代わりに、彼はソラとギャング彼の座席を取った。ミミとIzzyさんは彼女の今日でした。

“すみませんソラは、”太極言った。 “私がしてくださいあなただけを見てみたいと思います。”

“確かに、”ソラが答えた。 “みんな、あなたは私たちに分を残してできますか?ありがとう。”

ミミとIzzyさんは質問をしなかった。彼らは丁重に立って、テーブルを移動します。

“問題は、”太極、過敏性始めた”なぜあそこなジャーク石田ですか?”

“あなたはマットを意味し、”ソラがため息をついている。 “マットは常にこのようにされました。たちのいずれかとして覚えている限り、彼は嫌い誰にも話している。私たちは彼のすべてを意味するようにされていたので、それが私たちの障害だと思う。”

太極、眉を上げ質問”あなたは、でした。”

“うん、”空は悲しげに残念そうだ。 “私は、それがあまりにも家族の問題を見るアイデアを得る。”

“空に別の質問。”

“はいタイ?”

“そらは…いつか外出したいですか?”

“なぜ、タイ、”と彼女は笑った。 “私ですか?”

“はい、”太極真剣に語った。 “あなたはそれを考慮していないか?”

“私はいくつかの時間が必要になるでしょう。我々は後者?お奨めは私のロッカーを打つ話をすることができます見てください。”

“さよならの空をOK]をクリックします。”

太極、彼女が歩いて見ました。これは彼が望んでんだろうか?彼はまだ知りませんでした。彼はまだマットについての考えを持っていた。

To be continued part3

Categories: កុមារ, កុមារា, ក្មេងប្រុស, ក្មេងប្រុសអាមេរិក, ក្មេងប្រុសអាស៊ី, ក្មេងប្រុសអឺរ៉ុប, រឿងកុមារា, វិទ្យាសាស្រ្ត, 少年たち | Tags: , , , , , , , , , , , , | បញ្ចេញមតិ

Post navigation

ឆ្លើយ​តប

Fill in your details below or click an icon to log in:

ឡូហ្កូ WordPress.com

អ្នក​កំពុង​បញ្ចេញ​មតិ​ដោយ​ប្រើ​គណនី WordPress.com របស់​អ្នក​។ Log Out / ផ្លាស់ប្តូរ )

រូប Twitter

អ្នក​កំពុង​បញ្ចេញ​មតិ​ដោយ​ប្រើ​គណនី Twitter របស់​អ្នក​។ Log Out / ផ្លាស់ប្តូរ )

រូបថត Facebook

អ្នក​កំពុង​បញ្ចេញ​មតិ​ដោយ​ប្រើ​គណនី Facebook របស់​អ្នក​។ Log Out / ផ្លាស់ប្តូរ )

Google+ photo

អ្នក​កំពុង​បញ្ចេញ​មតិ​ដោយ​ប្រើ​គណនី Google+ របស់​អ្នក​។ Log Out / ផ្លាស់ប្តូរ )

កំពុង​ភ្ជាប់​ទៅ​កាន់ %s

បង្កើត​វេបសាយ​ឬ​ប្លក់​មិន​គិត​ប្រាក់​មួយ​នៅ WordPress.com.

%d bloggers like this: